アルフレッド・ダンヒル

アルフレッド・ダンヒルについて知る

1887年、アルフレッド・ダンヒルは15歳の時に、ロンドンにある彼の家族が経営する小さな馬具店へ弟子入りします。 1959年に87歳で亡くなるまでに、アルフレッドは家族の名を、優秀さや革新的、ラグジュアリーの代名詞として世界で最も知られるものの1つにしました。

December 18 / 2015

アルフレッド・ダンヒルという男

アルフレッドが持つ好奇心、創造性、そして野心がダンヒルの成長の礎となりました。アルフレッドは一時的な流行と片付ける人もいた自動車アクセサリーという分野で、家業を変革することで成功を収めました。アルフレッドは次の言葉を残しています。「新たな旅のスタイルに適したものが必要とされていることに気づきました。レザーコート、ニーエプロン、保護効果に優れたフラップ付きキャップ。つまり私は自動車に関連したあらゆるものに魅力を感じたのです。」 ダンヒル モートリティーズはヘッドライトからクラクション、アウターウェアまで様々なものを手掛けました。 「エンジン以外のものすべて」、それこそアルフレッドが持ち続けた信念なのです。
1907年、アルフレッド・ダンヒルはデューク通りのフォートナム・アンド・メイソンの向かい側に店舗を構えました。 評判は瞬く間に広まり、近衛兵やマハラジャ、そして(ダンヒルに初の王室御用達許可証を与えた)英国皇太子など、たくさんの粋な紳士達が店を訪れます。 第一次世界大戦後、ダンヒルはニューヨークやパリに進出し、他に類を見ないメンズラグジュアリーグッズを先駆けて生産し、それらは現在でも事業の中核として存在し続けています。 事業から退き、自身のヨット「ポピー」と2人目の妻とともに老後を穏やかに過ごし始める1939年までに、アルフレッドは企業家でリーダー、そして時代の寵児として名声を轟かせていました 彼はまた、設立した企業にかける彼の活力と眼識、情熱をシェアできる家族たちに恵まれていました。これより10年さかのぼる1929年には、息子に会社の会長職を譲りました。アルフレッド・ヘンリーは、ダンヒルのさらなる成長と事業拡大を担う上での能力を示すことになります。ダンヒルを導いたもう一人の重要人物は、創業者の娘のメアリーでした。1944年に経営陣に加わり、1961年に兄の後を継ぎ、1975年には社長になりました。
シェアする